[メイン] [新着] [掲示板] [007] [神津恭介] [横溝正史] [ホームズ] [赤かぶ検事] [その他]
[SB企画室] [明智小五郎] 【土ワイ】 【C翼】 【エルドラン】 【きまオレ】 【味っ子】 【お色気】 【クイズ】
【電子書籍】 【創作】 【レビュー】 [CG] 【夢野の眼】 【仕事】 【自己紹介】 【リンク】 [メール]


トピックス] [BOOKS LIST] [MOVIES LIST] [吹き替え声優リスト] [SONG LIST] [SHOP
MOVIES DATA] [GAMES LIST] [007 LINKS] [オースティン・パワーズ] [オリジナル007

たのみこむ
↑ TV音源版日本語吹替収録007-DVDの発案をしました。賛同ありがとうございます! ↑

007映画吹き替え声優リスト


[最終更新日:2013/03/08]

(以下の文章において敬称は略させていただいています。ご了承ください)

 皆さんは、ジェイムズ・ボンドといえば、誰を思い描くでしょうか? ショーン・コネリーの人もいれば、ロジャー・ムーア、レーゼンビーの人もいるでしょう。ちなみに私のお気に入りはティモシー・ダルトンです。もちろん、現役ボンドのピアース・ブロスナンも忘れてはなりません。
 さて、ボンド役者と共に気になるのは、日本語吹き替え版におけるボンド役の声優です。やはり私の中では「ショーン・コネリー=ボンド=若山弦蔵」という図式が出来上がっています。これは、大方の人も同じではないでしょうか。他に定着しているものとしては、「ロジャー・ムーア=ボンド=広川太一郎」でしょうか。
 しかし、以前にTBSで深夜に放送された「ダイヤモンドは永遠に」を見たときに驚きました。コネリー・ボンドの吹き替えは、若山弦蔵ではないのです。調べてみると、この作品だけは「Dr.スランプ アラレちゃん」のせんべえ役などで馴染みのあるベテラン声優・内海賢二でした。それと、ダルトンはTBSでは小川真司でしたが、最近になって放送されたテレビ朝日での放送時では鈴置洋孝や山寺宏一に声優が変わっています。現役ブロスナンも、ビデオ版での神谷明からテレビ版での田中秀幸に。さらに最新作「ワールド・イズ・ノット・イナフ」では、ビデオの発売会社が変わったせいなのか、神谷明ではなく、横島亘になっています。更に更に、「トゥモロー・ネバー・ダイ」のフジテレビ版では江原正士がブロスナン=ボンドを。その後、テレビ朝日も田中秀幸で「トゥモロー・ネバー・ダイ」を放送したため、3種類の吹き替えが存在することになりました。
 そこでここでは、声優別にどの作品でどの声を演じられていたのかをリストにまとめてみました。残念ながら、昔見たものに関しては録画していなかったりしているため、データになっていませんが、徐々に補足していきたいと思います。また、データの補足などありましたらご連絡お待ちしております。その際は、テレビの場合はいつごろ、どの放送局のどの枠で見たかなどのデータがあると嬉しいです。
【2009/04/20補足】この春に急な引っ越しをしなければいけなくなり、その結果として、007シリーズの録画テープも廃棄する羽目になりました。再放送などで補足していきたいところですが、ロジャー・ムーア作品はDVD吹き替えがかかるケースが増えたり、旧作の放送も減っており……。
【2013/01/14補足】昨年末からキングレコードより、待望のTV吹き替え版収録のDVDが発売開始されました。正直苦しかったですが、何とか入手することができましたので、データの補足・修正も行いました。
【2013/03/08補足】『慰めの報酬』に関しては地上波初放送がDVD版吹き替えだったためにTV吹き替えが製作されませんでしたが、キングレコードが「TV放送吹替キャスト・新録版」を製作して発売することとなり、そのキャストが公開されました。何と、過去にTV版ボンドを演じた声優3人が参加、DVD版でボンドを演じたのを加えれば4人のボンド声優が一堂に会しての新録版となります。詳細はこちらを。

 


トピックス] [BOOKS LIST] [MOVIES LIST] [吹き替え声優リスト] [SONG LIST] [SHOP
MOVIES DATA] [GAMES LIST] [007 LINKS] [オースティン・パワーズ] [オリジナル007


[メイン] [新着] [掲示板] [007] [神津恭介] [横溝正史] [ホームズ] [赤かぶ検事] [その他]
[SB企画室] [明智小五郎] 【土ワイ】 【C翼】 【エルドラン】 【きまオレ】 【味っ子】 【お色気】 【クイズ】
【電子書籍】 【創作】 【レビュー】 [CG] 【夢野の眼】 【仕事】 【自己紹介】 【リンク】 [メール]

Copyright (c) 1999-2013 Yumeno Misawo. All rights reserved.
 このページに関する、ご意見・ご感想などはこちらのメールフォームにどうぞ。